12年の専門のコックの製造業者

Eメール:info@vigafaucet.com

電話番号:+ 86-750-2738266

Blog

蛇口の歴史を確認する

蛇口は16世紀にヨーロッパで最初に登場しました。 水を無駄にすることを避け、増え続ける水資源の不足を解決するために、蛇口が開発されました。 最初の蛇口は青銅で鋳造され、後に安価な真ちゅうに変更されました。

蛇口は16世紀にヨーロッパで最初に登場しました。 水を無駄にすることを避け、増え続ける水資源の不足を解決するために、蛇口が開発されました。 最初の蛇口は青銅で鋳造され、後に安価な真ちゅうに変更されました。 鋳鉄製の蛇口は、そのシンプルな職人技と低コストのためにかつて大流行していました。 特に昔ながらのスパイラルリフティング水栓はかつてどこにでも見られましたが、この種の水栓は使用中に何度も回転させて一定量の水道水を放出するだけでなく、不要な廃棄物を多く発生させやすく、また、回転ヘッドガスケットは「たるみ」やすいため、長時間使用すると水栓が漏れやすく、一定量の水が無駄になります。 また、鋳鉄製の蛇口は錆びやすく、水質の原因にもなりやすいです。 送信中に汚染されたため、州による販売は明示的に禁止されています。

21世紀に入ると、消費者市場は大きな変化を遂げました。 物質的な豊富さは、世界的な景観ライフスタイルのトレンドを生み出しました。 多くの消費者は、自分たちの完璧な生活空間を作りたいと願って、ライフスタイルを追求し、個性を宣伝し始めています。 かつて、多くの家族が蛇口を購入したとき、単に「それを使うだけ」と考えるという考えは壊れ始めました。 ファッショナブルなデザイン、斬新な機能、個性と味わいのある商品が人気を集めています。 特に生活の質の向上に伴い、人々は健康や環境保護などの問題にもっと注意を払っています。

銅は加工と鋳造が簡単なため、市場に出回っている蛇口のほとんどは銅でできています。 しかし、銅には鉛が含まれており、銅の蛇口の表面に電気メッキされたニッケルとクロムは一定時間後に脱落し、緑青が成長します。 鉛と緑青は水道水を汚染し、人々の健康を害します。 また、銅水栓表面の電気めっきクロム層は化学接着層です。 電気めっきの品質と厚さによっては、酸化して剥がれます。 速いものは3-5年で表面の光沢とピッチングを失い、最終的な電気めっき層は銅の錆を剥がして露出させると外観に影響を与えるため、交換する必要があります。 銅の製錬と電気めっきは、繰り返し生産される過程で、非常に有毒な廃水と廃ガスを生成し、環境に大きな汚染を引き起こします。

科学技術と製造技術の発展により、ステンレス鋼を使用して蛇口を作ることが可能になりました。 ステンレス鋼は、人体に移植できる国際的に認められた健康的な材料です。 鉛を含まず、耐酸性、耐アルカリ性、耐食性があり、有害物質を放出しません。 したがって、ステンレス鋼の蛇口の使用は水道水源を汚染せず、人間の健康と衛生を確保することができます。 さらに、ステンレス鋼の蛇口の表面を電気めっきする必要がなく、製造プロセスが環境に汚染を引き起こすことはなく、耐久性があり廃棄物を回避する電気めっき層の剥離のために交換する必要がありませんリソース。 ステンレス鋼の蛇口は、世界中の消費者の健康の福音であるだけでなく、その卓越した環境保護の利点は、低炭素経済の下でのステンレス鋼の蛇口の時代の到来を告げるものでもあります。

前:
次の: